ピッチング 高校野球

星稜・奥川恭伸君・延長14回全23奪三振まとめ【2019夏の甲子園】智辯和歌山戦

投稿日:

星稜 vs 智辯和歌山

奥川恭伸 延長14回 23奪三振

強打の智辯和歌山打線を相手に凄すぎます!

-ピッチング, 高校野球
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

田中将大 ピッチング超徹底解剖 メカニズム分析

田中将大の凄さを アメリカの番組でも取り上げられています!

清宮幸太郎 公式戦7試合連続105号満塁ホームラン

  早稲田実業 清宮幸太郎の高校通算105号ホームラン アウトコースの変化球を逆方向へ しっかりひきつけて振りぬくことにより、左中間へも強烈な打球が飛んでいきます!  

豪腕 ロジャー・クレメンス

ロジャー・クレメンス あんなに凄かった理由はやはり ベースボールに真摯に向き合う姿勢だったわけですね

V候補同士激突!履正社vs横浜 2016全国高校野球選手権大会

2回以降は投手戦! 見ごたえのある試合でした。 今大会、屈指の好カードだったことは間違いない!

藤川球児 圧巻の“火の玉”ストレート 映像集 [全盛期の投球]

藤川球児の火の玉ストレート 阪神復帰今年、どんなピッチングを見せてくれるか楽しみです