バッティング 高校野球

早稲田実業 清宮幸太郎 【106号】ホームラン!

投稿日:

 

早稲田実業の清宮幸太郎の106号ホームラン

遅い変化球をしっかりため込んでからのセンター方向!

前の右足が地面についてから、若干のためを作れているところに注目です。

ここでタイミングを微調整できると、ミート率が上がります。

これだけのホームランを積み重ねられるのは、パワーだけじゃないってことですね。

 

-バッティング, 高校野球
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

足速すぎ!オコエ瑠偉2点タイムリースリーベース!

東北楽天ゴールデンイーグルス オコエ瑠偉 速すぎるベースランニング!

松中信彦 ホームラン46連発 全盛期のバッティング!

松中信彦のホームラン46連発 三冠王はやっぱり凄いです!

吉田 正尚 6号 7号 ソロ ホームラン 2017年8月8日 オリックスvs西武

  オリックス・バファローズ 吉田正尚の6号、7号ホームラン 小さな体でなぜこんなに飛距離が出せるのか 最初は小さくフォロースルーがとても大きいバットの軌道にその秘密がありそうな気がします。 …

松坂世代 1998 第80回 熱闘甲子園 最終回 エンディング

松坂世代の熱闘甲子園エンディング 記憶に残る選手が多数 その後プロで活躍する選手も多数

星稜・奥川恭伸君・延長14回全23奪三振まとめ【2019夏の甲子園】智辯和歌山戦

星稜 vs 智辯和歌山 奥川恭伸 延長14回 23奪三振 強打の智辯和歌山打線を相手に凄すぎます!